ネット通販のイメージ

年齢を重ねると、薄毛や脱毛が気になる男性が多くなりますが、最近は若い男性でもその悩みを持つ人が増えています。
薄毛や脱毛が進行すると、見た目に大きな影響を与えるので、なんとか対策をとりたいという人も多いです。
男性特有の薄毛が進行する状態のことを男性型脱毛症と呼び、この呼び名も浸透してきました。
専門のクリニックも増え、利用者も増加しています。

薄毛治療薬としてよく知られているのが、プロペシアです。プロペシアは、服用することで育毛や発毛効果が得られるとされる治療薬です。
ただし即効性がある薬ではなく、長期的に服用することで効果があるものなので、購入方法や成分、得られる効果、副作用の有無など、プロペシアについて知識を得ておく必要があります。

AGAとは

AndrogeneticAlopeciaの略であり、薄毛の症状のひとつである男性型脱毛症のことです。
体内の栄養量や年齢に関係なく薄毛が進行する、というのが特徴となっています。

また、男性型脱毛症の特徴は、進行パターンがあることです。
額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらが混合しているタイプなど、さまざまな進行パターンがあります。
額の生え際から後退していくタイプはM字ハゲ、前兆部から薄くなるタイプはつむじはげ、といった呼び方で呼ぶことが多いです。

男性型脱毛症の原因は、主に男性ホルモンによるものだといわれています。
髪の毛は、成長期、退行期、休止期という3つのヘアサイクルを経て生え変わっています。
このヘアサイクルはさまざまな理由で乱れることがあるのですが、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの働きによって、ヘアサイクルが乱れることがあります。
DHTは、脱毛ホルモンとも呼ばれています。
男性ホルモン受容体と結合し、髪の毛に脱毛指令を出すのです。それで薄毛が進行してしまいます。

では、DHTはどのようにして作り出されるのでしょう。
それは、還元酵素である5αリダクターゼが、体内のテストステロンと結合することでDHTが作り出されます。
この5αリダクターゼには2種類ありますが、そのうちのII型の5αリダクターゼは、毛の成長を担う毛乳頭細胞というところに存在しています。
II型の5αリダクターゼは、血中から毛乳頭細胞へと入り込んだテストステロンと結びついて、テストステロンをDHTへと変換させてしまうのです。
つまり、男性型脱毛症の原因を作り出しているのは、II型の5αリダクターゼというわけなのです。

ですから、II型の5αリダクターゼ、テストステロンの結びつきが活発になると、薄毛の原因とされるDHTの生成が増え、薄毛が進行しやすくなります。
DHTが増える状況として、II型の5αリダクターゼが活発な場合、テストステロンが減少、または増加した場合にもテストステロンと結びつきやすくなるといわれています。
テストステロンが減少すると、足りなくなった男性ホルモンを補うためにより強いDHTが生成され、逆に増えすぎると血中から毛乳頭に入り込むテストステロンも増えるのでDHTの生成が増えるのです。

ですから、DHTが生成されやすい状態を作らない、または生成を阻害する、ということがDHT自体の生成を抑え、薄毛を食い止める方法といえます。
その方法のひとつが薬による抑制です。
クリニックでは、治療としてまず内服薬が処方されることが多いです。
それが、主成分フィナステリドを含む、プロペシアです。
フィナステリドを含む薬は、5αリダクターゼを阻害する効果があるとされ、前頭部から頭頂部の薄毛、つまり薄毛の症状に悩む男性に有効とされているのです。

プロペシアを通販で買うことのメリット

プロペシアは、薄毛治療薬としてメジャーな商品です。多くの専門クリニックにおいて処方されています。
薄毛治療は、基本的に薄毛治療を専門としている病院やクリニックで行われ、その人の体質や既往歴などを考慮して薬が処方されます。
ですから、プロペシアを手に入れるには、通常、クリニックで処方してもらうことになります。

ただ、それ以外にも通販で買うことが可能です。メリットもいくつかあります。
通販のメリットは、他人に購入内容を知られることなく商品を手に入れられることです。
薄毛は病気ではないものの、デリケートな症状であり、その症状を持つ人の悩みは大きく深刻です。
最近は、専門のクリニックも一般的になってきていますが、その門を叩くのは、精神的に大きな苦痛になることがあります。
症状を改善したいけれども、他人に知られたくない、という人に、通販で買うことは大きなメリットとなります。

また、通販でプロペシアを買うメリットとして、治療費を抑えることができる点が挙げられます。
クリニックでの治療は、保険が適用されません。けがや病気ではないからです。すべて自己負担となるため、治療費は10割全額支払う必要があります。
そして、保険が適用されないということは、クリニックの言い値で治療や投薬が行われるということです。
クリニックによって、治療費も異なってきますが、初回は初診料が請求されたり、安いところでも月に1万円以上かかることが多いです。
中には月に15万円など、かなり高額な費用がかかることもあります。
また、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアという治療薬もあります。
ジェネリック医薬品であることから価格も抑えられています。
通販を利用してフィンペシアを購入すると、より費用を安く済むことができるでしょう。

そして、プロペシアは即効性があるものではありません。1度クリニックを訪れたからといって、すぐに改善されるものではありません。
効果を実感するまでに最低でも数カ月から半年以上の期間が必要とされ、長期的に服用することで効果が得られるものとされています。
その分、毎月治療費がかさんでいくわけです。
通販でプロペシアを購入すると、1カ月当たり6000円以下に抑えることが可能です。高額費用のかかる専門のクリニックに通うより、はるかに安く済みます。
ですから、長期的に服用するのに、できるだけリーズナブルに済ませたいという人には、通販で買うメリットが生まれます。

もちろん、通販で買うということになると、何か体に異変が起こった場合でも自己責任となります。
これはプロペシアに限らず、自己判断で医薬品を購入する場合、当然のことです。
ですから、リスクを回避するために、最初は専門の医師に診てもらうのがおすすめです。
定期的にクリニックにかかりながら、通販で買った安いプロペシアを併用すると安心です。

また、粗悪品を買ってしまうことが無いように、信頼のおける個人輸入代理店を通して購入することがおすすめです。
海外サイトのやり取りでは、外国語でやり取りしなければならなかったり、日本での商取引慣習が通用しないこともあります。
個人輸入代理店からの購入は、日本における通販サイトのように注文することができます。

プロペシアの成分とその効果について

では、プロペシアとはどのような薬なのでしょう。プロペシアは、経口タイプのフィナステリドを主成分にした治療薬です。
米国医薬品メーカーであるメルク社が開発した、世界で初めての医療用医薬品、飲む育毛剤です。
もともと、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使用されていた経緯があります。
前立腺肥大は、男性ホルモンの働きが関与していることが間違いなく、その男性ホルモンの効果を抑える薬としてフィナステリドの開発が進んでいました。
そして、臨床治験では、その薬を使用した患者の副作用として、毛が生えてきているという報告があったのです。
これにより、フィナステリドは、薄毛を改善する治療薬として研究され、開発されていったのです。

プロペシアは、世界60か国以上で承認されており、日本でもMSD株式会社が販売をおこなっています。

プロペシアには、主成分であるフィナステリドが1mg含有しています。
フィナステリドには、男性型脱毛症を引き起こす、DHTを抑制する効果があります。
DHTの活動を抑えることで、毛母細胞の分裂が阻害されることが減り、ヘアサイクルを正常に整えることができます。
薄毛になってしまうのは、成長期段階において、毛が長く太く成長しないことにあります。
髪が成長せず、早く退行期、休止期に移行してしまうことで、頭皮に長く髪がとどまらず、薄毛になってしまうのです。
通常、3年以上は頭髪の成長期が続くといわれているのですが、男性型脱毛症の場合、その成長期が半年程度にまで短縮されてしまいます。
プロペシアは、5α還元酵素阻害薬です。5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成を抑え、男性型脱毛症の症状の改善に導くのです。

フィナステリド成分の臨床結果によると、6割近くが改善しているというデータがあります。
また、薄毛がほとんど進行した人がいないということも結果として出ています。
さらに、1年経過した後も、継続して調べた結果は、2年目、3年目と徐々に改善率が上がり、2年目では7割弱、3年目では8割弱の人が改善しているということがわかっています。
長い期間飲み続けるほど、薄毛の改善が見込めるといってよいでしょう。そして、進行を食い止める効果は、ほぼ100%といわれています。

ただ、効果を実感できるまでには、3ヵ月から半年以上かかると考えておきましょう。
それは、ヘアサイクルがあるからです。髪の成長期は2~6年、退行期は約2週間、休止期は約3ヵ月あります。
ですから、薬を飲み始めたからといって、すぐに効果が実感できるものではないのです。早い人でも3ヵ月、一般的には6か月ほどかかるといわれています。
飲み始めて効き目を感じないとしても、すぐに飲むのをやめてしまったらもったいないのです。
早く効果を得たい気持ちはみんな同じですが、じっくりと長い期間をかけて治療するものということを知っておきましょう。

プロペシアの副作用をチェック

長い期間をかけて服用し、治療するとなると、気になるのが副作用です。
副作用として主に挙げられているのが、頭痛や腹痛、下痢、眠気の他、胃部の不快感や頻尿といったものが報告されています。
中でも注意したいのが、性機能障害です。男性機能が低下するという副作用です。

勃起機能不全、射精障害、精液量減少といった、男性機能が低下する内容は、それぞれ発生頻度が1%未満とされていますが、服用中に体に違和感を感じたら、医師に相談したり、服用を一旦中止することがおすすめです。
臨床結果だけを見れば、副作用の可能性は少ないといえるのですが、その可能性があるということを理解した上で利用するようにしましょう。
その他、重大な肝機能障害が起こる可能性や男性ホルモンが抑えられる影響で乳頭や胸の張りを感じることがあります。

薬の多くは肝臓によって代謝され、尿や便となって排出されるのですが、プロペシアも肝臓で代謝される薬です。
高齢者やもともと肝臓が悪い人、排泄に関わる腎臓が悪い人、持病がある人は、血液中の薬の濃度が高くなってしまうことがあるので、注意が必要です。
肝臓障害は血液検査によって知ることができます。

クリニックでは処方の前に血液検査をすることもあります。普段から健康診断などで血液検査を受けておくこともおすすめです。
ただ、これらの副作用も他の薬より発生率は少ないというデータもあります。長期にわたって服用するものであるため、薬によるリスクを覚えておきましょう。

そして、取り扱いにも注意が必要です。
フィナステリドによる過敏症の既往歴のある人はもちろんのこと、妊婦、または妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性は、触ることも危険とされています。
フィナステリドには男性ホルモンを抑える働きがあるため、胎児が男の子だった場合に生殖器が奇形になる副作用が起こる可能性があるからです。
また、授乳中の女性においても、ホルモンバランスが乱れていることから、何らかの危険が伴うことがあります。
触るだけでも皮膚から吸収されるので、細心の注意を払う必要があります。

また、副作用と勘違いしやすいのが、初期脱毛です。
プロペシアを服用し始めたら、改善するどころか、脱毛が増えたといった声があります。これは、効果のあらわれであると認識しましょう。
初期脱毛の原因は、ヘアサイクルが正常なサイクルに戻るために、休止期の髪の毛が抜け落ちることです。
初期脱毛は、早い人では3日後から1週間ぐらいの間にあらわれます。ほとんどの人にこの症状があらわれるといわれています。

その後、約1ヵ月前後で症状がなくなります。ヘアサイクルが正常に戻ったということが判断できます。
初期脱毛が起こると、効果を信用できなくなる人もいますが、月を重ねるごとに発毛効果が実感できるようになります。
中断してしまうと効果が発揮されないので、服用を続けるようにしましょう。